文京区白山
婦人科産婦人科女性診療科
〒112-0001
東京都文京区白山5-36-9
-9F
TEL03-5689-3070
TOP
医院案内
スタッフ紹介
インターネット予約 白山レディースクリニック専用
インターネット予約は18:00までとなります。
その時間以降の再診・急患の方はお電話にてご予約をお願い致します。
診療時間
- -
- - -
最終受付時間:
午前 13:00 午後 18:15 
初診受付:
午前 12:45 午後 17:45
初診の方は問診票の記入等がありますので、予約されたお時間の15分前におこしください
アクセス・マップ
子宮がん検診
20才以上の方は子宮がん検診をお受けください。子宮の入り口を柔らかいプラスチック製のへら、またはブラシや綿棒(妊娠中)でこするだけですので通常、痛みはありません。子宮と卵巣に異常がないかも診察します。
文京区在住で偶数歳の方は無料です。
奇数歳の方で昨年受けてない方も無料ですが、昨年、検査を受けていない証明書を文京区から入手してください。
文京区以外の方は約1000円です。
文京区に住民票があっても妊娠初期等、早めの検診が望ましい場合は、
保険診療等で行う場合があります。
がんには子宮頚がんと体がんの2種類あります。
不正出血がある方は子宮体がんの検査もおすすめします。
他の症状で来られた方でも内診のついでに検査おすすめします。
子宮頚部異形成
>>詳細はこちらへ
子宮内膜症
本来は子宮にあって生理を起こす子宮内膜細胞が他の場所に生着してしまい、様々な障害を起こす疾患を子宮内膜症といいます。卵巣に血液が貯留するチョコレートのう腫や骨盤のブルーベリースポットを認め、慢性痛や不妊の原因となります。また、頻度は高くないですが卵巣がんとの関連性も報告されており慎重な経過観察が必要です。
診断は超音波やMRIなどの画像診断、CA125などのマーカーの他、診断的腹腔鏡が必要なこともあります。
治療は低容量ピル(オーソM、ルナベル、ヤーズ等)やディナゲスト等のホルモン治療、または手術(ほとんどが傷の小さい腹腔鏡手術)です。妊娠希望の有無や仕事の状況、のう腫の大きさなどで治療方針を決定します。
また、低容量ピルで排卵を抑えることが内膜症の予防になり、特に生理痛が重い場合は10代から避妊ピルを開始することが推奨されています。
月経困難症(生理痛)
現在の標準治療は低用量ピルで保険適応にもなっています。
ピルは過多月経やPMSにも効果があります。ピルは数種類ありますので、症状や副作用をみながら処方します。
ピルの副作用は吐き気、頭痛、不正出血などですが個人差があり、また、治療を続けると軽減、消失することがほとんどです。(副作用で中断するかたはほとんどいません)
ピルの希望がない場合、または妊娠希望の場合は当帰芍薬散、芍薬甘草湯などの漢方、または鎮痛薬も最近は様々な新薬が開発されています。
PMS(月経前症候群)
生理前に起こる腹痛、頭痛、乳房の痛み、むくみ、あるいは、いらだちや不安、うつ状態、引きこもりなどの精神症状を月経前症候群と呼びます。
実は比較的新しい疾患概念なのですが、しかし、軽いものを含めると女性の95%に何らかの症状を認め、治療が必要な中等度から重症、生活に支障がでるほどのPMDDという状態のかたは200万人もいると推定されています。
PMSの原因は排卵後に上昇する黄体ホルモンとそれにより脳内のセロトニンという物質の働きが悪くなることです。
治療は、生活習慣などのカウンセリングとともに、漢方薬、黄体ホルモンを抑えるお薬、利尿薬、鎮痛剤、排卵を抑えることにより黄体ホルモン分泌を抑える避妊ピル、あるいはセロトニンの働きを回復する抗うつ薬を用います。
子宮筋腫
子宮筋腫の有病率は25%ぐらいで、ありふれた疾患です(3、40代の方では25%どころか、もっと高い印象です。)
大きさよりも場所が重要で、ほとんどがほっておいて問題なく、子宮の内側にあるものほど貧血や不妊症、習慣流産の原因になり治療が必要です。
ポリープ
卵巣腫瘍
子宮脱
骨盤底筋群の体操や、リング治療、また、随伴して起こる尿の障害(頻尿や尿失禁)の薬物治療を行います。これらが改善しない場合は手術が必要になることもあります。
切迫流産
不育症スクリーニング
性感染症
淋病やクラミジア等の検査を行います。
特にクラミジア感染は症状に乏しく、子宮外妊娠や不妊症の原因になります。腹痛や帯下の増加があればおすすめします。
膣分泌液でのマイコプラズマ検査:7,000円(自費)
膣分泌液でのウレアプラズマ検査:7,000円(自費)
上記2項目セット:13,000円(自費)となります。
かゆみ
陰部のかゆみで多いのはカンジダやトリコモナスなどの感染症、蒸れによる湿疹等です。カンジダ膣炎は風邪、疲れ、ストレス、抗生剤内服などで免疫力が下がると、膣内でカンジダが繁殖し、ときに強いかゆみを起こします。腟内を洗浄し、腟に薬を挿入することで治癒します。湿疹はステロイドの軟膏で治療します。
更年期症状
更年期の症状はのぼせや寝汗、多汗、不眠、いらいら、不安、肩こり、筋肉痛、関節痛、記憶力低下、皮膚の乾燥、膣の違和感など様々です。ホルモン補充治療や漢方治療、またはプラセンタ注射などを行います。
ホルモン補充療法
コラーゲンを増やしたり、アルツハイマー病の発症予防の可能性も指摘されています。副作用を心配される方が多いですが、閉経前後5年ぐらい使用するのであれば安全性は高いと言われています。
ニキビ
ディフェリンゲル(アダパレン)と抗菌剤の軟膏または内服薬で治療します。
(治療期間は3カ月ぐらいかかります。また、治療後の再発を防ぐ維持療法も重要です。)
生理周期によってニキビができる場合はホルモン療法を併用します。
減感作療法
減感作療法とはアレルギーの原因となるものを徐々に与えて、それに対する抵抗力をつけるという免疫療法のことをいいます。
スギ花粉症とは、スギ花粉が体内にはいることにより過敏に反応してしまい、防御作用としてくしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状が出る疾患です。舌下減感作療法とは舌下にスギ花粉エキスを投与し身体をスギ花粉に慣らし花粉の時期になってもアレルギー反応をおこさない体質改善を目的としています。長期にわたり正しく治療が行われると、長期にわたりアレルギー症状をおさえるという効果が期待できます。症状が完全におさえられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。しかし約2割の方は効果が認められなかったという報告もあります。
1日1回、毎日の服用が必要で、治療期間は3年以上が推奨されています。治療開始時期としては花粉の飛散していない6月から12月までとなります。
起こりうる副作用としてアナフィラキシーショックや口腔内のかゆみなどがあります。
また以下の方は治療を受けることができません。
・妊娠されている方
・喘息や気管支喘息の症状が強く出ている方
・重症の口腔アレルギーの方
・抜歯後などの口腔内の術後、傷や炎症などがある方
・ステロイドや抗がん剤、β阻害薬使用など特定の薬を使用されている方
初回処方をする際には、説明・同意書のお渡し、実際に薬剤(シダトレン)を目の前で使って頂きアナフィラキシー反応の出現がないか30分程経過観察の後に帰宅して頂きます。
【異形成コルポ診を受けられる方へ】
子宮頸部組織診の目的
がん検診(子宮頸部細胞診等)により、子宮頸部異形成を疑われた場合に、子宮頸部組織を少量採取して病理組織学的に診断をするために行われます。
検査の内容
病変があることが疑われる部位をコルポ診で確認した上で、子宮頸部から米粒の半分ほどの組織を、2~4か所程度採取します。(コルポ診とは、子宮頚部に酢酸を塗布し、それによる変化を拡大鏡で観察する検査です。)
コルポ診の結果によって、子宮頸管内掻爬(子宮頚部の少しだけ奥を金属の耳かき様の器具で掻き取る検査)を併せて行う場合があります。採取前に、コルポ診を行いますので、全体で10分から15分ほどかかりますが、組織を採取する時間は1~2分です。
特に麻酔を実施することなく実施でき、個人差がありますが、痛みも通常はそれほど大きくありません。
検査・処置後は圧迫止血のため、膣内にガーゼを挿入し30分後に止血確認を行います。
検査の偶発症
検査に伴う偶発症として、出血、及び、稀ですが感染があります。
出血に対しては、止血剤の粉末を採取部位に塗布し、ガーゼ挿入による圧迫止血を行います。
感染予防、止血のため、抗生物質や止血剤が処方されることがあります。
※注意
心臓・血管や脳の病気、あるいは鎮痛などのために、血を固まりにくくする薬(例えばワーファリン、バファリン、バイアスピリン、オパルモンなど)をお飲みの方は、検査の際出血が止まりにくい場合があるため、当院での検査は原則できません。
(処方されている医師と相談の上、休薬できる場合は可能なことがあります。)
検査前のご注意点
月経前一週間と月経期間を避けて必ずお電話にてご予約ください。
正確な診断のため、膣内の洗浄や膣剤の使用は3日前よりお控えください。その他食事などは普段通りでかまいません。
通常は検査後も普通の診察の後と同様に帰ることのできる程度の検査ですが、緊張などで気分の悪くなりやすい方は、ご来院の際にご自分での自動車などの運転は避け、公共交通機関の使用やどなたかに送って頂くことをおすすめいたします。
検査後のご注意点
出血
通常検査後数日から一週間程度、少量の出血や色のついたおりものがあります。
生理2日目以上の出血がある場合は、受診をしてください。
出血が続く場合は、再診していただくことや、安静にする必要があります。
軽い下腹部の痛みを認めることもあります。
タンポンの使用は避け、ナプキンを当ててお過ごしください。
入浴
検査当日はシャワー浴にしてください。
翌日から出血が少なければ入浴できます。
心配な方や、温泉・銭湯などは出血がなくなってからの方が安心です。
プール
激しい運動などは出血のある間は控えてください。
性交渉
刺激により再出血を生じることもありますので、性交渉は1週間ほどお控えください。
日常生活
当日は飲酒を控え、普段よりもやや安静にするつもりでお過ごしください。
 ■注射
在庫確認いたしますのでお電話での予約をお願いいたします。
尚、ご予約日より1ヶ月を過ぎた場合はキャンセルさせていただきます。
子宮がんワクチン
(サーバリックス、
      ガーダシル)
16,500円
1回の値段です。
初回、1、2ヶ月後、6ヶ月後の計3回で完了です。
インフルエンザワクチン 4,000円
当院では昨シーズンまでチメロサール(水銀を含む保存剤)の入っていないインフルエンザワクチンを使用しておりましたが、今シーズンは全国的に製造していないため、チメロサール入りのインフルエンザワクチンを使用いたします。
風疹ワクチン 6,400円
妊婦の同居家族、20~40歳代の男性、妊娠を希望する女性、産褥早期の女性、医療従事者は接種を推奨されています。
抗体の有無を検査する必要はありません。
風疹・麻疹混合ワクチン
(MRワクチン)
10,600円
プラセンタ
(ラエンネック)
1,500円
皮下注射1アンプル
元来は肝機能障害の治療薬です。生物由来製剤の為、未知の感染症等のリスクありますが、様々な治療に使われており、肌質の改善効果も認められます。
 ■投薬
 緊急避妊ノルレボ 15,000円
1回の内服で妊娠阻止率80%ぐらいと言われています。現在は緊急避妊の主流となりつつあります。
緊急避妊薬をご希望の方はご予約が取れない場合は、診療時間内にお電話にてご相談ください
 緊急避妊ヤッペ法 5,000円
2回内服します。
妊娠阻止率は70%ぐらいと言われています。
緊急避妊薬をご希望の方はご予約が取れない場合は、診療時間内にお電話にてご相談ください
 避妊ピル 2,300円
~ 
2,500円
初診の際、ピル開始説明料として1,500円頂いています
第1~4世代のピルをその方の症状や目的にあわせて処方します。
第1世代
オーソM(2,500円)、ルナベルLD(保険)
ルナベルULD(保険)
第2世代
トリキュラー(2,500円)、ラベルフィーユ(2,300円)
第3世代
マーベロン(2,500円)、ファボワール(2,300円)
第4世代
ヤーズ(保険)
 生理日変更  約4,000円 早めるより遅らせる方が確実です。
早めたい場合は、生理が始まってから5日目までにお越し下さい。
遅らせる場合は、次の生理が始まる予定の5日前までにお越し下さい。
副作用で吐き気がある場合があります。以前、生理日変更で吐き気がつらかった方には違うお薬もありますのでご相談ください。
また、受験生や運動の大会など、重要な予定がある場合は数ヶ月前にお越しください。
 ■ブライダルチェック
 検査項目
33,150円
経腟超音波
子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内膜症や卵巣嚢腫など子宮や卵巣の病気がないか、また生理周期、排卵周期が順調かなどを調べます。
子宮頸がん検診
子宮頸部のがんや前がん状態(異形成)の有無を調べます。子宮の入り口を柔らかいプラスチック製のブラシや綿棒でこするだけですので通常、痛みはありません。
淋菌・クラミジア
クラミジア、淋病に感染していないか、おりものを採取します。不妊症や子宮外妊娠、流産や早産の原因となることがあります。
HPV検査
子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウイルスに感染していないかの検査をします。感染が確認された場合、精密検査が必要になります。この検査と子宮頸がん検診を併用することによって、子宮頸がんの検診精度が高まります。
血液検査
AMH(抗ミュラー管ホルモン)
卵巣にどれくらいの卵子が残っているかを調べる検査です。
TSH(甲状腺ホルモン)
生理不順や流産の原因となる甲状腺疾患の有無を調べます。
HBS(B型肝炎)
B型肝炎ウイルスの感染を調べる検査です。母子感染を防ぐためにも欠かせない検査です。
HCV(C型肝炎)
C型肝炎ウイルスの感染を調べる検査です。母子感染を防ぐためにも欠かせない検査です。
HIV(エイズ)
HIV(エイズ)の感染の有無を調べる検査です。母子感染を防ぐためにも欠かせない検査です。
RPR・TPHA(梅毒)
梅毒はトリポネーマ・パリーダムという微生物による感染症です。最近では潜在的な感染者が増えているといわれています。流産や死産の原因になること、また胎盤を通じて胎児に感染すると先天梅毒を発症することがあります。
風疹抗体検査
妊娠中に風疹に感染すると、おなかの中の赤ちゃんにも感染し、先天性風疹症候群(白内障や緑内障、先天性心奇形、感音性難聴)になることがあります。約20%の人は風疹抗体価が低いため、風疹に感染する危険性があります。妊娠前に風疹抗体検査をし、抗体価が低い場合には、ワクチンを接種しておきましょう。
オプション項目
血液検査
麻疹抗体検査 2,500円

血液検査で麻疹に対する免疫の有無を調べます。妊娠中に感染すると流早産率が高くなると言われています。催奇形性に関しては否定的です。

トキソプラズマ 2,600円
トキソプラズマ抗体(免疫)の有無を検査します。妊娠中に感染をしてしまうと、流産、早産、胎児異常などの可能性があります。抗体がない場合は感染予防のため、野菜や果物はよく洗う、食肉は十分に加熱して食べる(生ハムなどは食べない)、ガーデニングや土や砂に触るときは手袋をするなど注意することが必要です。また猫はトキソプラズマの終宿主であるため妊娠中に新しい猫を飼わない、生肉をエサで与えない、飼い猫を外飼いしない、猫用トイレは毎日清掃する(手袋、メガネ装着)、清掃は可能なら妊婦以外が行う、手洗いをこまめにする、など注意が必要です。
パルボウイルス(B19) 7,000円
りんご病の抗体(免疫)の有無を検査します。妊娠中に感染すると胎児異常(胎児貧血、胎児水腫、あるいは胎児死亡)の可能性があります。ワクチンや治療法が無いため、妊娠中に感染しないことが大切です。抗体がない場合、児童との接触を控えることをおすすめします。同居者に感染者がいる場合は妊婦への感染の危険因子となることがあります。飛沫感染すると考えられているためマスク、手洗いなどの感染予防に努めましょう。
水痘・帯状疱疹ウイルス 2,500円
水ぼうそうの抗体(免疫)の有無を検査します。妊娠20週までに感染すると2%が先天性水痘症候群(瘢痕性皮膚病変、小眼病、白内障、脳損傷、四肢形成不全等)になると言われています。また、妊娠中期~分娩前2週間に感染すると産後、乳児が帯状疱疹に罹患してしまう可能性があります。
サイトメガロウイルス(CMV) 4,000円
サイトメガロウイルス抗体(免疫)の有無を検査します。妊娠中に感染すると、赤ちゃんが難聴等の障害を持って生まれてくる可能性があります。また、流産や早産の原因にもなります。現在ワクチンや治療法が無いため、妊娠中に感染しないことが大切です。このウイルスは乳幼児から感染することが多いため、抗体がない場合は感染予防として乳幼児の尿や唾液との接触を避けることや尿や唾液に触れたときの手洗いの励行に努める必要があります。妊娠中に感染が疑われる場合は、出産後赤ちゃんの感染の有無を検査して早期発見に努める必要があります。母親が感染している・いないに関わらず、0.31%(300人に1人)の先天性CMV感染が確認されたという報告もありました。
乳腺超音波 8,100円
乳腺超音波検査は、マンモグラフィーのような微細なしこりや石灰化を写すことには適していませんが、乳房の内部構造を観察しながら、触診では検出できない小さな病変を見つけることができます。痛みはなく、X線を使わないので、被爆の可能性はありません。妊娠・授乳中でも検査が可能ですが、妊娠10週以上の方や産後半年以内の授乳中の方はエコーが見えにくいことがあることをご了承ください。
※検査結果は2週間後にお伝えします。
 ■処置・手術
 中絶手術
(9週未満)
121,000円
(9週以降)
150,000円
手術方法は吸引手術になります。
手術費用は翌日または翌々日の再診料を含みます。
日帰り手術です。
その他、術前検査(自費)7,000円、前日の処置料が4,500円かかります。
 避妊リング ミレーナ 
70,000円
両者とも避妊ピルと同程度の避妊効果があります。初回、生理中に挿入、1ヵ月後、3ヵ月後、1年毎の診察が必要です。
5年後には抜去、あるいは新しいものと交換する必要があります。
銅付加IUDは銅イオンにより避妊効果を高めます。ミレーナは微量なホルモンが作用し過多月経の治療効果があります
抜去代7000円
※ご予約は、電話でお願いします。
 ■IPL治療 (光過敏症のチェックのため治療前にテスト照射(500円)を行います。)
 IPL脱毛
IPL治療とはフラッシュランプの光により、脱毛、しみ、肌質改善を行う治療です。当院ではパロマー社のメディラックスプラスという機器を使用しております。
4~6週間間隔で6回から8回の治療です
 両わき  1回 2,900円
 口元  1回 5,300円
 両すね  1回 16,900円
 太もも  1回 16,900円
 両上腕  1回 9,500円
 両前腕   1回 9,500円
(各1回当たりの金額) 
他の部位についてはご相談ください。
 肌質改善 7,500円
色素沈着(シミ、そばかす)、毛細血管(赤ら顔)、毛穴の開き、小じわに対し効果があります。1回で皮膚のきめが細かくなり、顔全体にはりが出るため、化粧のりもよくなります。
老化した肌 若い肌
老化した肌はターンオーバーが乱れ、表皮の角質が厚くなり、真皮のコラーゲンやエラスチンが乱れています。
-このページ上へ-
Copyright(C) HAKUSAN LADY'S CLINICAll Rights Reserved.
〒112-0001東京都文京区白山5-36-9白山麻の実ビル9F  医療法人社団光樹会 白山レディースクリニック TEL03-5689-3070
医院案内 | 女性診療科(婦人科) | 一般不妊治療 | 妊婦健診・4Dエコー | 妊婦健診スケジュール | スタッフ紹介 | 求人情報 | HOME