投稿

卵巣出血

2018.03.28

卵巣出血は、女性の腹痛の原因の一つです。性交の有無と時期、出血傾向や抗凝固剤の使用、不妊治療の有無などが発症に関係している場合があります。


種類

卵胞出血

排卵の時、卵巣の血管が断裂し起こります。排卵期の前後に起こります。

性交がきっかけで起こることが多く、部位は左よりも右に多いという特徴があります。

 

出血性黄体嚢胞

卵胞出血による血液が卵巣内に貯留して血腫を形成し、嚢胞化したもののことです。

排卵から生理までの期間に頻度が高くなります。


原因

  • IVF‐ETなどの採卵、卵巣手術、腹部外傷など

  • 排卵誘発剤などによる過排卵刺激

  • 子宮内膜症や悪性腫瘍などの卵巣への波及

  • 全身性の血液凝固異常や抗凝固剤の服用


出血の量と治療について

卵巣出血による腹腔内出血量は、約8割の場合において500ml以下です。

出血が少ない場合は、入院をした上で、手術をせずに様子を見る事が可能です。

一方で、推定腹腔内出血量が500ml以上、あるいは貧血が強い場合は緊急手術が必要となることがあります。

診療時間

診療時間
9:30 ~ 13:30
14:30 ~ 18:00

新型コロナ感染拡大予防のため、診療時間を短縮しております。

  • 休診日日曜・祝日・土曜午後
  • ご来院診療時間の15分前までにお越しください。ご来院前のWEB問診にご協力お願いします。保険証を忘れずにお持ちください。

アクセス

〒112-0001
東京都文京区白山5-36-9 白山麻の実ビル9F
都営三田線「白山」駅 A1出口より 徒歩1分
東京メトロ南北線「本駒込」駅より 徒歩5分
電話番号 03-5689-3070