妊娠した方へ流産手術・自然排出

自然流産は10~15%の確率でおこる、比較的多い症例です。妊娠12週までを早期流産、12~22週未満を後期流産といいます。

ほとんどの原因は、赤ちゃんの染色体の異常と言われています。

お母さんのせいではありませんので、自分を責めないようにしてください。

流産をしたからと言って、次の妊娠で流産しやすくなることもありません。

流産手術と自然排出

初期の流産の場合、流産の手術を行うか、自然排出を待つかの、どちらか選ぶ事ができます。

ただし、流産手術を行わずに経過を観察した場合、妊娠に伴う組織は子宮から自然に排出されてきますが、いつ起こるかは予測がつきません。

また組織が完全に排出されれば、流産手術を行わずに済むこともありますが、排出が不完全な場合には、出血や細菌感染のため結局流産手術と同じ処置が必要になる場合もあります。

以上のことをご了承のうえで、自然の排出を待つ方もいらっしゃいます。

自然排出を待つ場合

出血が始まっている場合は、手術をせずとも、7割くらいの方は問題なく自然に排出します。(出血が始まってから早くて1〜2日、長くても1週間ぐらいの間に自然に排出します。)

流産手術を行う場合と比較して子宮内感染の発症率、その後の妊娠率や流産率に関して差はありません。

メリット

手術や麻酔に伴う、子宮穿孔、麻酔のアレルギーなどのリスクを回避できます。

 

デメリット

排出物がいつ出てくるのかわからないので、今後のスケジュールが立てにくくなります。自然排出のとき、生理痛様の痛みが強かったという人もいますし、全然たいしたことなかったといあ人もいます。また、突然の大量出血や腹痛により、緊急入院・緊急手術となる可能性、それに伴う輸血の可能性が若干増えるようです。子宮筋腫や内膜症がある人は出血増加のリスクがあるので手術の選択をおすすめします。

 

完全流産と不全流産について

流産内容が完全に排出された状態のことを完全流産と呼びます。この場合は、子宮の状態が回復し、月経が戻るのを待ちます。

一方で、子宮内に一部が残留している状態を不全流産と呼びます。この場合は、子宮収縮薬や抗菌剤を内服してそのまま自然排出を待つか、流産手術で残りを取り除く必要があります。

流産手術を行う場合

手術は日帰りで行います。

前日に細いスポンジを子宮の入り口に入れて、一晩かけてゆっくり子宮の入り口を拡げます。

吸引法で子宮内容を除去します。手術時間は5分程度で、静脈麻酔で行います。

術後は、麻酔から覚めた後も、合併症や異常所見の有無を観察します。退院診察後に帰宅となります。

 

排出された組織は病理検査を行い、胞状奇胎や子宮外妊娠でないことを確認します。(結果は術後1〜2週間後です)

メリット

早く確実に、妊娠に伴う組織を子宮から排出させられ今後の予定が立てやすくなること、病理検査で胞状奇胎などの異常妊娠を発見することができるのがメリットです。

 

デメリット

流産手術や麻酔に伴う合併症を伴うことがあります。

起こりうる合併症とその対策

  • 1

    妊娠した子宮は柔らかいため、子宮頸管拡張や流産手術の際、まれに子宮穿孔(子宮に穴が開く)があります。

    子宮穿孔が確認されたときは、開腹手術など、輸血、子宮全摘、他臓器損傷の可能性があります。

    子宮穿孔により、次の分娩が帝王切開になる可能性があります。また、まれに腸や膀胱等、他の臓器に穴を開けてしまう危険性があります。

  • 2

    静脈麻酔の際、呼吸抑制、血圧低下、ショック、誤嚥(ごえん)などを起こすことがあります。

    その場合は、必要な薬物を投与して全身管理を行い、安全確保に努めます。

  • 3

    まれに、出血が多くなることがあります。

    子宮の収縮が不良の場合は、子宮収縮薬を投与しますが、出血が多量の場合には、開腹手術、輸血、子宮全摘の可能性があります。

  • 4

    術後に、子宮内に感染を起こす可能性があります。下腹痛と発熱があれば、入院して抗菌薬で治療することがあります。

  • 5

    子宮内容物は十分除去しますが、それでもまれに組織が残ることがあります。

    このために出血が続くようであれば、残った組織を再手術で除去することがあります。

  • 6

    合併症の治療や再手術、再検査などの場合も追加費用がかかることをご了承ください。

術後の注意点

  • 1

    手術後に、強い下腹痛と発熱、あるいは多量出血があれば、外来を受診してください。

  • 2

    手術翌日と2週間後に外来を受診していただき、術後の回復が順調かどうか診察します。

  • 3

    排出された組織は病理検査を行い、胞状奇胎などの病気でないことを確認します。

診療時間

診療時間
9:30 ~ 13:00
14:30 ~ 18:30
  • 休診日火曜日・日曜日・祝祭日(土曜日は午前のみ診療)
  • 最終受付時間午前/12:45 午後/18:15 
  • 初診受付午前/12:30 午後/18:00

初診の方は問診票の記入等がございますので、予約されたお時間の15分前にお越しください。また、お久しぶりにご来院の方も、初診受付時間内にご予約ください。

予約時間より遅れて来院された場合、診察日を変更していただくことがあります。特に18時以降にご予約の方は遅れることのないよう、ご来院お願いいたします。

アクセス

〒112-0001東京都文京区白山5-36-9 白山麻の実ビル9F
都営三田線「白山」駅 A1出口より 徒歩1分
東京メトロ南北線「本駒込」駅より 徒歩5分