婦人科外来早発卵巣不全

早発卵巣不全

まだ閉経の時期でないのにもかかわらず、卵巣の機能が低下し、低エストロゲン状態になる疾患のことです。加齢による閉経とは異なり、治療することで卵巣機能が復活する例もあります。

症状

ホットフラッシュなどの更年期障害様症状や、骨量低下、悪玉コレステロールの上昇、心血管リスクの上昇などが報告されており、ホルモン補充療法を行うことが基本です。

閉経の平均年齢である50歳頃まで治療を継続することが望まれます。

検査方法

性ホルモン検査、甲状腺機能、血糖検査、抗核抗体や抗DNA抗体検査を行います。

また、残存卵胞の有無を検査するには、抗ミュラー管ホルモン(AMH)を検査します。

診断

  • 40歳未満で4~6ヶ月間の生理の無い、無月経期間がある場合

  • FSH高値かつエストロゲン低値

原因

早発卵巣不全(Premature Ovarian Failure:POF)の病因は、不明であることがほとんどですが、遺伝的な要因、甲状腺機能異常、糖尿病、SLE、ホルモン産生卵巣腫瘍、ガラクトーク血症などがあげられます。

その他、近年、卵巣の手術や抗がん剤治療、放射線治療後の発症が増加しています。

治療法

一般的には、エストロゲン剤を21日間投与し、その後半にプロゲスチン剤(プロベラやヒスロン5~10mg/日))を10日間ほど併用する周期を3~6ヶ月、休薬期間を置きつつ行います。

これにより、子宮の発育が促され卵巣機能が復活するかどうかみてみます。

この治療で、自然排卵がない場合、ホルモン補充療法に移行します。

診療時間

診療時間
9:30 ~ 13:00
14:30 ~ 18:30
  • 休診日火曜日・日曜日・祝祭日(土曜日は午前のみ診療)
  • 最終受付時間午前/13:00 午後/18:15 
  • 初診受付午前/12:45 午後/17:45

初診の方は問診票の記入等がございますので、予約されたお時間の15分前にお越しください。また、お久しぶりにご来院の方も、初診受付時間内にご予約ください。

アクセス

〒112-0001東京都文京区白山5-36-9 白山麻の実ビル9F
都営三田線「白山」駅 A1出口より 徒歩1分
東京メトロ南北線「本駒込」駅より 徒歩5分