婦人科外来子宮筋腫

子宮筋腫とは

子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍のことです。女性の7割に発生すると言われています。症状が無かったり、妊娠・出産に影響が無い子宮筋腫は、無治療のままでも問題ありません。直径がおよそ5~6cmを超える場合や、月経や排尿・排便への影響があったり、妊娠・出産への影響が考えられる場合は年齢や妊娠希望の有無によって治療を検討します。

症状

  • 過多月経や過長月経などの月経異常。それに伴う貧血

  • 腹部の圧迫感

  • 下腹部痛、排便障害、膀胱・尿道が圧迫されることで起きる頻尿や排尿困難

  • 1000g以上(小児頭大以上)の巨大な子宮筋腫の場合、静脈血栓症のリスク

  • 妊娠中の切迫早産、妊娠末期の胎位異常、前置胎盤、常位胎盤剥離の可能性

  • 漿膜下子宮筋腫の場合、流産との関連性

  • 分娩時の陣痛異常、異常出血、帝王切開

  • 産褥期の腹痛や悪露排出障害

治療について

症状がなければ基本的には定期検診で大丈夫です。年齢、妊娠希望の有無、筋腫の場所、大きさなどで治療方針を検討します。

子宮筋腫と子宮肉腫

子宮筋腫は、悪性の腫瘍(がん)である子宮肉腫との見分けがつきにくい点に注意が必要です。

そこで、子宮筋腫が見つかった場合は、定期的な経過観察を行う必要があります。急な成長や増殖が認められる場合は子宮肉腫が疑われるからです。

なお、手術療法を行った場合は、病理学的な評価を行い、子宮肉腫であるかどうかを確かめることができます。

今後、妊娠を希望する場合の治療法

子宮筋腫核出術

レボノルゲストレル放出子宮内システム

エストロゲン・プロゲスチン配合薬(避妊ピル)

偽閉経療法

妊娠を希望される場合に安全性が確立していない治療法

子宮動脈塞栓術(UAE)


MRガイド下集束超音波療法(MRgFUS)

妊娠を希望しない方の治療法

子宮摘出術


マイクロ波子宮内膜アブレーション

診療時間

診療時間
9:30 ~ 13:00
14:30 ~ 18:30
  • 休診日火曜日・日曜日・祝祭日(土曜日は午前のみ診療)
  • 最終受付時間午前/12:45 午後/18:15 
  • 初診受付午前/12:30 午後/17:45

初診の方は問診票の記入等がございますので、予約されたお時間の15分前にお越しください。また、お久しぶりにご来院の方も、初診受付時間内にご予約ください。

アクセス

〒112-0001東京都文京区白山5-36-9 白山麻の実ビル9F
都営三田線「白山」駅 A1出口より 徒歩1分
東京メトロ南北線「本駒込」駅より 徒歩5分