婦人科外来卵巣のう腫

卵巣のう腫

卵巣のう腫が女性の生涯で発症する確率は5~7%程度と言われています。卵巣のう腫は、奇形腫、漿液性腺腫、粘液性腺腫などの腫瘍性のものと、チョコレートのう腫や機能性のう胞などの非腫瘍性のものに分けられます。

検査

超音波検査
卵巣のう腫の診断には超音波検査が有用です。画像をタイプ分類し、どんな種類か、良性か悪性かの判断をします。正診率は90%程度と言われています。
カラー・パルスドップラ法
悪性が疑われる場合などのう腫の血流に関する情報を得、良性か悪性かの診断をします。
腫瘍マーカー
CA125の他、数種類の項目を組み合わせます。
MRI
卵巣のう腫の診断において、MRIは非常に有用です。
骨盤内臓器である子宮や卵巣に対しては、CTよりもMRI検査がすぐれています。
造影MRIを行うことで、より良悪性の診断がしやすくなります。

治療

サイズが小さく、かつ良性と考えられる場合は、特に治療を行いません。腹病の原因となったり悪性化のリスクがあるため、3ヶ月毎に経過観察をします。良悪性がはっきりしない場合や、サイズが大きい場合などは、CA125などの腫瘍マーカー、超音波、カラー・パルスドップラ法、造影MRIなどで検査します。

悪性が疑われる場合や、長径6cm以上の場合は腹痛(茎捻転による腹痛、卵巣の壊死)などのリスクが高くなるので、手術を検討します。

診療時間

診療時間
9:30 ~ 13:00
14:30 ~ 18:30
  • 休診日火曜日・日曜日・祝祭日(土曜日は午前のみ診療)
  • 最終受付時間午前/13:00 午後/18:15 
  • 初診受付午前/12:45 午後/17:45

初診の方は問診票の記入等がございますので、予約されたお時間の15分前にお越しください。また、お久しぶりにご来院の方も、初診受付時間内にご予約ください。

アクセス

〒112-0001東京都文京区白山5-36-9 白山麻の実ビル9F
都営三田線「白山」駅 A1出口より 徒歩1分
東京メトロ南北線「本駒込」駅より 徒歩5分