婦人科外来月経困難症

月経とは?

月経(生理)とは、月に1回程度、古くなった子宮内膜が剥がれて外に排出されるしくみのことです。子宮内膜は、受精の際に、受精卵を受け止めて育てる役目がありますが、月経の度に新しく作られます。

月経困難症(生理痛)

月経困難症とは、月経に伴って起こる病的症状のことを言います。初経後2~3年より始まり、月経の初日および2日目頃の出血が多い時に症状が強くなることが多いです。

 

症状

下腹部の痛み(痙攣性・周期性)/腰痛/腹部膨満感/嘔気/頭痛/疲労/脱力感/食欲不振/いらいら/下痢/憂うつなどの症状があります。

 

原因

病的でない生理痛の原因として、経血の出口が狭い事や子宮が強く収縮する事などが考えられています。

一般的に、年齢とともに、または妊娠出産によって軽減することが多いですが、逆の場合もよくあります。

治療

日常生活に差し支える場合は、薬によって症状を抑えます。

月経困難症は、子宮で産生されるPGの影響が大きいので、PGを抑える非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs:アスピリン、ジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸、イブプロフェン、ナプロキセンなど)がよく効きます。

また、低用量ピルも有効で、保険適用薬としてドロスピレノン・エチニルエストラジオール錠(ヤーズ)もしくはノルエスチロテン、エチニルエストラジオール錠(ルナベル配合錠LDおよびルナベル配合錠ULDなど)があります。

その他、鎮痙薬として、ブチルスコポラミン臭化物:ブスコパンを利用することもあります。

症状が重く、妊娠の希望が無い場合は、「避妊リング」と呼ばれるレボノルゲストレル放出子宮内システム(LNG-IUS)を子宮内に挿入し、月経を軽くする方法もあります。

また、漢方薬(当帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸、桃核承気湯、当帰建中湯など)も、継続的な服用で、症状の改善を期待できます。

思春期の生理痛と内膜症

思春期の重い生理痛(月経痛)や、慢性的な骨盤痛の中には、原因として子宮内膜症の可能性があります。

症状のある思春期の女子に腹腔鏡手術を行った結果、世界的には25~73%に子宮内膜症病変が認めらています。

成人女性とは違い、チョコレート嚢胞は少なく、子宮内膜症が多いのが特徴です。

診療時間

診療時間
9:30 ~ 13:00
14:30 ~ 18:30
  • 休診日火曜日・日曜日・祝祭日(土曜日は午前のみ診療)
  • 最終受付時間午前/12:45 午後/18:15 
  • 初診受付午前/12:30 午後/17:45

初診の方は問診票の記入等がございますので、予約されたお時間の15分前にお越しください。また、お久しぶりにご来院の方も、初診受付時間内にご予約ください。

アクセス

〒112-0001東京都文京区白山5-36-9 白山麻の実ビル9F
都営三田線「白山」駅 A1出口より 徒歩1分
東京メトロ南北線「本駒込」駅より 徒歩5分