婦人科外来HRT(ホルモン補充療法)

HRT(ホルモン補充療法)

更年期などの理由で足りなくなっているホルモンを、外から補う治療法のことです。薬剤テープや内服薬を服用します。更年期障害や、閉経が早く骨粗鬆症のリスクの高い方、または、アンチエイジングに興味のある方におすすめの治療法です。

HRT(ホルモン補充療法)で改善が期待できる症状

  • 更年期症状

  • 閉経が早い方の骨粗鬆症予防

  • 皮膚、筋肉、血管、脳、神経等のアンチエイジング

治療の方法

テープ(エストロゲン)と内服(プロゲステロン)の組み合わせが最適です。その他、ゼリーや避妊リングを使う方法もあります。

子宮が残っている人は、子宮体がんを予防するため、プロゲステロンを摂取する必要があります。

テープ薬は、お腹やお尻、太ももなどに48時間ごとに(入浴中も)貼ります。皮膚がかぶれる場合はゼリーや内服薬に変更します。

治療のマイナートラブル

不正出血:約9割の方に認められます。

乳房痛:5%未満の方に認められます。

いずれも、治療を続けるまたは薬剤の使い方の変更や減量でコントロール可能なので、自己中断せずご相談ください


HRTのリスク

治療前、治療中、治療後の検査について

診療時間

診療時間
9:30 ~ 13:00
14:30 ~ 18:30
  • 休診日火曜日・日曜日・祝祭日(土曜日は午前のみ診療)
  • 最終受付時間午前/13:00 午後/18:15 
  • 初診受付午前/12:45 午後/17:45

初診の方は問診票の記入等がございますので、予約されたお時間の15分前にお越しください。また、お久しぶりにご来院の方も、初診受付時間内にご予約ください。

アクセス

〒112-0001東京都文京区白山5-36-9 白山麻の実ビル9F
都営三田線「白山」駅 A1出口より 徒歩1分
東京メトロ南北線「本駒込」駅より 徒歩5分