不妊外来不妊スクリーニング検査

不妊の原因を調べるための、不妊スクリーニング検査の流れと内容をご説明します。

主な検査項目

超音波エコー検査

子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内膜症、卵巣腫瘍などの器質的異常がないかチェックします。生理周期にあわせ子宮・卵胞の状態を確認していきます。卵胞発育等の所見から排卵日を予測することが可能です。

ヒューナーテスト(性交後試験)

精子が子宮頚管を通過できるかを調べる検査です。結果が不良の場合、抗精子抗体の検査をします。

精液検査 ※

受精に必要な精子の濃度、運動率、奇形率の検査をします。結果により再検査、または人工授精や体外受精をおすすめすることがあります。

超音波通水検査

子宮・卵管に生理食塩水を流して卵管閉塞の有無や、子宮内部の異常を調べます。生理が来たらお電話にてご予約下さい。従来の造影検査に比べ検査の痛みが小さく、アレルギーや被爆の心配がありません。

ホルモン検査

ホルモン値を計測することにより、妊娠しにくい原因がわかる場合があります。例えば、AMHというホルモンが少ない場合は、卵胞の残数が少ない(卵巣機能が低下している)ことがわかります。

精液検査をお受けになる方へ

各生理周期ごとの検査の種類と詳細な内容

初診時または適宜

項目 解説
基礎体温

目が覚めたときの体温を、婦人体温計ではかります。

簡単な検査ですが、排卵の有無、排卵日予測、高温期の評価に役立ちます。

睡眠時間や環境、前日の生活環境や食事状況・アルコール摂取の有無、四季の変化や空調設備による環境温度の変化など、さまざまな事で影響を受けます。

クラミジア抗体・抗原

血液検査で過去または現在の感染の有無を調べます。

クラミジア感染は卵管閉塞や癒着を引き起こす可能性があります。抗体価が高いときは、より骨盤内の癒着が疑われます。

卵管造影前に必須の検査です。

陽性の場合は抗原検査や抗生剤による治療を行います。

風疹抗体検査

妊娠中に感染すると、生まれてくる赤ちゃんが先天性風疹症候群(心奇形、白内障、難聴など)の原因になることがあります。

妊娠前に風疹抗体検査をし、抗体価が低い場合には、ワクチンを接種します。

甲状腺ホルモン

生理不順や流産の原因となる甲状腺疾患の有無を調べます。

HbA1C
血糖値

糖尿病の検査です。

抗精子抗体

保険適応外

ヒューナーテスト陰性の場合検査します。抗体価が高い場合、精液が子宮内に入っていけないので人工授精または体外受精を行います。(自費6,500円)

超音波検査

子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内膜症、卵巣嚢腫など不妊症の原因になる疾患を調べるとともに、卵胞発育等の所見から排卵日を予測する重要な検査です。

精液検査
(パートナーの方の感染症検査)

保険適応外

不妊原因の1/2~1/3は男性因子です。

人工授精の半年以内に感染症(HBs、HCV、HIV、梅毒・クラミジア)の検査を行っていない方は血液検査を受けていただきます。(自費約7,000円)

精液検査を受けられる方へ

生理開始から2~7日目

※生理○日目とは、生理が始まってからの日数です。

項目 解説
ホルモン検査

LH、テストステロン

排卵障害の原因となる、多嚢胞性卵巣症候群の検査です。

また、LHは排卵日を予測するために検査することもあります。

FSH

卵巣機能の指標になります。

E2(エストラジオール)

視床下部・下垂体の障害や黄体機能不全の診断に有用です。

PRL(プロラクチン)

排卵障害の原因となる、高プロラクチン血症の有無を調べます。

生理開始から7日目~10日目(生理終了から排卵の2~3日前)

※生理○日目とは、生理が始まってからの日数です。

項目 解説
卵管通水検査

子宮・卵管に生理食塩水を流して卵管閉塞の有無や、子宮内部の異常を調べます。

※生理が来たらお電話にて予約をして下さい。検査時間は16:00または16:30(平日のみ)です。

排卵2~3日前

項目 解説
ヒューナーテスト

精子が子宮頚管を通過できるか調べる検査です。

2~5日間の禁欲後、性交をしていただき、性交後3~12時間以内に受診してください。

院内ホルモン迅速検査

E2、P4、LHを測定することにより、人工授精の方や、排卵時期が分かりにくい方や誘発剤を使用している方の正確な排卵時期を予測することができます。

機器の関係上、当日は時間厳守でお願いたします。

高温期5~9日目

項目 解説
ホルモン検査
P4(プロゲステロン)
E2(エストラジオール)

排卵後数日たってからのホルモンを検査し受精卵が着床できる環境になっているかを調べます。

空腹時

項目 解説
インスリン、血糖

生理不順の方はインスリン抵抗性という検査をして、糖尿病の体質でないかを調べます。インスリン抵抗性が高かった場合は糖尿病のお薬を内服することにより、生理不順を治療します。

診療時間

診療時間
9:30 ~ 13:00
14:30 ~ 18:30
  • 休診日火曜日・日曜日・祝祭日(土曜日は午前のみ診療)
  • 最終受付時間午前/13:00 午後/18:15 
  • 初診受付午前/12:45 午後/17:45

初診の方は問診票の記入等がございますので、予約されたお時間の15分前にお越しください。また、お久しぶりにご来院の方も、初診受付時間内にご予約ください。

アクセス

〒112-0001東京都文京区白山5-36-9 白山麻の実ビル9F
都営三田線「白山」駅 A1出口より 徒歩1分
東京メトロ南北線「本駒込」駅より 徒歩5分