検査・ワクチン子宮がん検診

子宮がんの種類

子宮がんには、子宮頸がん(子宮の入り口にできるがん)と子宮体がん(子宮の中の奥にできるがん)の2種類あります。子宮頸がんは性交によるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因とされています。 しかしHPVはありふれたウィルスです。大半は一過性の感染で終わりますが、持続感染した一部の女性が徐々に前がん(子宮頸部異形成)になります。20歳以上の女性は1年に1回、子宮がん検診を受けることをお勧めします。

 

子宮頚がん

若い女性(20~30歳代)の間で急増しています。子宮頸がん検診は子宮がん検診で必ず行ないます。

専用の柔らかい器具で、子宮頸部(子宮の入り口)を軽くこすって細胞を採取し、ハイリスク型ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染の有無を調べます。

痛みはありません。検査の結果、前がん状態(子宮頸部異形成)の疑いがある場合はコルポスコピー・子宮頸部組織診を行います。

また子宮頸がんには有効性が証明されているワクチンがあります。

 

子宮体がん

子宮頸がんより数は少ないですが最近増加しています。年齢が50歳前後に多いのが特徴で、症状は不正出血などです。

診療時間

診療時間
9:30 ~ 13:00
14:30 ~ 18:30
  • 休診日火曜日・日曜日・祝祭日(土曜日は午前のみ診療)
  • 最終受付時間午前/12:45 午後/18:15 
  • 初診受付午前/12:30 午後/17:45

初診の方は問診票の記入等がございますので、予約されたお時間の15分前にお越しください。また、お久しぶりにご来院の方も、初診受付時間内にご予約ください。

アクセス

〒112-0001東京都文京区白山5-36-9 白山麻の実ビル9F
都営三田線「白山」駅 A1出口より 徒歩1分
東京メトロ南北線「本駒込」駅より 徒歩5分